臨床開発モニター 転職

治験にミスは許されない、臨床開発モニター(CRA)

製薬メーカーが開発した医薬品が医療現場で使われるようになるには、厚生労働省の認可が必要です。そのための試験、新薬開発のための治療を兼ねた臨床試験のことを 「 治験 」 といいます。

 

当然ながら新薬が世に出回るには、その薬にどのくらいの効果が認められて、どんな副作用の可能性があるのか?ということを厳格に試験する必要があります。

 

治験が最初から最後まで正確に行われているかをモニタリングするのが、
臨床開発モニターの役割です。
Clinical Research Associateを略して 「 CRA 」 と呼んだりします。

 

新薬開発に貢献できるやりがいのある仕事

治験を実施する施設や責任者となる医師をえらんで依頼し、
プロトコール(治験実施計画書)に則って試験が行われているかを随時チェックします。

 

治験薬の関連分野についての知識は常に頭に入れておく必要がありますし、ワードやエクセルなどを使った地味なデスクワークも多い大変な仕事ですが、新薬の誕生に貢献できるやりがいのある仕事でもあります。

 

 

CRAには看護師などの医療現場出身者が多い

臨床開発モニターという資格はありませんが、
職業柄、薬剤師、臨床検査技師、MR、看護師、獣医師などの経験者がCRAになることが多いようです。

 

当然現場では経験者を優遇していて、リーダーとして業務に携わるようになると給料が1000万円クラスになることも珍しくありません。
大変な仕事だけど、その分やりがいとともに見返り(報酬)も期待できる職種といえます。

 

 

看護師の人材紹介会社に登録して、臨床開発モニター(CRA)の求人募集を探す。

( 関連 : マイナビ看護師MCナースネット