治験コーディネーター 看護師

治験現場の大事な調整役、治験コーディネーター(CRC)

新薬開発の一端を担い、治験がスムーズに行われるように支援するのが、治験コーディネーターの仕事です。Clinical Research Coordinatorの略で 「 CRC 」 と呼んだりします。

 

医師と製薬メーカー、そして被験者の間に入り、
打ち合わせやスケジュール管理、報告書を作成したりします。

 

コーディネーターという名前のとおり、いろんな要素を調整したり統合したりする大切な仕事で、CRCなしでは治験の実施は事実上不可能といわれるほど重要な役割です。

またとりわけ患者さんにとっては、もっとも身近に接する専門家が治験コーディネーターであり、インフォームド・コンセントをはじめ、不安を軽減させたり、治験中の心のケアなども求められます。

(※インフォームド・コンセント : 治験の内容について十分に説明し、患者さんが納得したうえで合意すること。)

 

医療現場を良く知る看護師がCRCには適任

似た職種にある臨床開発モニター(CRA)と混同されることもありますが、CRAが製薬メーカー側をサポートするのに対して、治験コーディネーター(CRC)は医療機関側をサポートしています。

 

医師をはじめ、たくさんのスタッフ、製薬会社のモニターらと協力し合い、患者さんに喜ばれるような新薬開発を手伝う、やりがいと達成感の得られる仕事といえるでしょう。

 

 

専門的な知識が必要になりますから、看護師や薬剤師、臨床検査技師などの経験者がCRCになることが多く、SMOと呼ばれる治験施設支援機関に所属するか、もしくは直接医療機関に入職するパターンもあります。

 

気になる給料については、もちろん経験や実績によって変わってきますが、
400万円〜700万円の範囲で募集している求人が多いです。

 

 

看護師の人材紹介会社に登録して、治験コーディネーター(CRC)の求人募集を探す。

( 関連 : MCナースネットマイナビ看護師