潜在看護師 復帰

退職後、そのまま潜在看護師になってしまうナース

最近でこそ男性の看護師も増えていますが、
それでもやはり看護師さんの大半を占めるのは女性です。

 

ですから時期が来ると結婚や出産を期に、退職する人も少なくありません。

 

育児が一段落したら、まえと同じ職場に復帰できるのならいいですが、また一から再就職、という方のほうが多いでしょう。

 

 

再就職にはエネルギーが要るし、以前とはちがって、
いまは家族も子供もいる。だから夜勤は難しいし、できれは土日休みの職場がいいな・・・

 

 

などということをいっているうちに、ずるずると就職が遅れて、
そのまま潜在看護師になってしまう人も多いんです。

 

 

あるデータによれば、およそ50〜60万人も潜在看護師さんはいるそうですから、
相当な数だと思います。またブランクが長引くほど、気持ち的にも就職じづらくなる。
というのもあるでしょう。

 

 

苦労して取った看護師の国家資格、ぜひ活かしたい

でも、せっかく努力して取得した資格だと思いますし、看護師が活躍できる職場はたくさんありますから、ぜひ復帰して欲しいと思います。

 

潜在看護師のままではもったいない。
ですからまずは、ご自身が希望する働き方を整理されると良いと思います。

 

 

家族などの状況もふまえながら、1日数時間のパート勤務がいいのか、それとも日勤のみだけど常勤として働きたいのか、

 

24時間の保育所さえあれば、夜勤があっても構わないのか、
高給を希望するのか、それとも家族との生活を優先したいから給料には、あまりこだわらないのか。

 

 

そういった希望の条件というのを、一度時間をとって整理してみましょう。
すると今の理想の働き方というのが見えてくると思います。

 

 

病院以外に復帰する、元ナースだからできること

職場だって何も病院勤務にこだわる必要などないわけですし、
最近では一般企業での活躍の場も増えています。

 

 

当サイトでもいくつかお仕事の例を紹介していますが、
たとえば新薬の開発にたずさわる 治験コーディネーター のような仕事もありますし、
高齢者専用住宅で入居者をサポートする仕事 もある。

 

また電話で医療相談に乗ったりアドバイスする、コールセンター のような仕事だってあります。

 

 

 

パートや非常勤、単発バイトもいれると仕事の幅はぐっと広がる

 

それに、ご主人も仕事をされていて家庭優先、というのであれば、
かならずしも常勤でなくてもいいですよね。

 

単発で健診のバイトをしたり、訪問入浴をサポートするとか、旅行に添乗するとか、
そういう 「 スポット的な働き方を選んで家計を応援する 」、なんていうのも可能でしょう。

 

 

ブランクを気にせず自由な働き方を

せっかく素晴らしい資格を持っているのですから、
「 看護師 = 病院 」 という固定概念を捨てて、もっと自由な働き方に目を向けてもいいと思います。

 

もちろん病院勤務がわるいわけじゃないですけど、
看護師の知識やキャリアを活かせる職場はほかにもたくさんありますから。

 

 

 

このような病院以外の求人は、もちろんご自身で探されても構いませんが、
人材紹介サービスに登録した方が簡単に見つかります。

 

無料で登録できますから、ぜひ活用してみてください。
( 関連 : ナースパワー人材センターナースフルマイナビ看護師

 

 

ブランクがあっても積極的に採用してくれる企業はたくさんありますから、
新しい一歩を踏み出してみましょう。