看護師 転職支援金

転職支援金って、どこから出てくるの?

看護師の求人募集を探していると、ときどき 「 支援金10万円あり 」 とか、「 支度金20万円支給 」 などといった言葉を見かけますね。

 

転職するには準備が必要ですし、いろいろ用入りになることも多いでしょうから、支援金という制度、またその気持ち自体はありがたいことです。
( 関連 : 転職お祝い金がもらえる求人サイト

 

 

きっと転職を考えている看護師さんのなかにも、
支度金がたくさんもらえる求人を探してる、なんて方もいると思います。
お金もらえたほうが嬉しいですものね。

 

 

でも、ちょっとだけ冷静に考えて欲しいんです。
「 転職支援金って、どこから出ているお金なの? 」 ということを。

 

 

看護師紹介会社に支払う報酬の一部が「支援金」になる

人材紹介会社に登録して転職活動することが多いと思いますが、紹介会社のサービスを看護師は無料で使えます。

 

タダで登録できて、タダでアドバイザーが支援してくれる。
希望通りの求人を探してきてくれるし、面接にも同行してくれます。

 

それでも看護師さんは無料です。

 

 

では、アドバイザー(人材紹介会社)はどこからお金をもらっているか?といえば、

 

それは求人を出す病院や施設、企業だったりするわけです。当然ですよね、人材紹介もボランティアではありませんから。

 

 

採用が決まったときに、「 紹介料 」 という形で、求人を依頼したお客さん
(病院、施設、企業など)からお金をもらう。そういうサービスです。

 

 

ですから、転職支援金の出どころを見ていくと、それは病院や企業、
つまりは あなたがこれからお世話になろうとしている、入職予定の会社
だったりするわけです。

 

 

転職時に発生するお金の流れ

すごくアバウトに見ていくと、

 

【例.1】

仮に年収500万円で採用が決まったとすると、
紹介料として病院は100万円(20%)を紹介会社に支払います。

 

紹介会社は受け取った100万円の報酬のうち、
20万円を求職者(看護師)に支払った。

 

というようなお金の流れがあります。

 

 

 

この例の場合だと、病院側はあなた(看護師)を採用するのに、
600万円の経費をかけています。

 

またあなたの給料は500万円+転職支援金20万円で、
合計520万円ということになるわけですね。
そして残りの80万円が人材紹介会社の報酬になります。

 

 

 

【例.2】
でも病院としては、なるべく費用をかけずに看護師を採用したいはずですよね。

 

採用に600万円かかるよりは、580万円で済んだほうが嬉しい。

 

また看護師としても年収500万円よりは、
転職支援金などなくても、年収540万円のほうが嬉しいですよね。
この場合、紹介会社の報酬は40万円です。

 

 

 

 

これはすごく単純な一例に過ぎませんが、
転職時にはこういうことが起こりうるわけです。

 

この2つのパターンをくらべたら、【例.2】のほうが嬉しくないですか?

 

転職支援金というご褒美こそありませんが、
結果的には年収はアップしているわけですから。

 

転職支援金に目移りすると、結果的に損をすることも

はじめにも話しましたが、転職支援金という制度自体は悪くないと思います。
いろいろ準備が必要でしょうから足しにしてね、という気持ちも嬉しいです。

 

でも支援金の金額だけに釣られてしまうと、
上記したように、結果的に損をすることもありますよ〜。
ということなんですね。

 

 

 

サービスを利用する側 ( 看護師や病院 ) にとって嬉しいのは、
なるべく条件の良い求人 ( 高給 ) で、採用にかかる経費 ( 病院側の出費 ) が少なくて済む。
そういう会社でしょう。

 

つまり紹介料を低く抑えている会社のサービスを利用すれば、
【例.2】 のように採用側も看護師もお互いが嬉しい、という関係が成り立つ可能性が大きいわけです。

こういうポイントに着目して活動するのも賢い転職だと思います。

 

 

ちなみに、「 紹介料が業界一安い 」 といわれているのが、ナースパワー人材センター です。
看護師の紹介一筋25年という、業界を引っ張ってきた老舗企業です。